2007年05月07日

職場いじめとは

職場のいじめとは、いじめのイチ形態になります。

いじめと聞くと子どもの間で行われるいじめと想像しがちですが、
現状では、大人の社会にもいじめが急速に広がっています。

特に多いのが、社会的な力や地位を用いていじめを行うもの。
モラル・ハラスメントやパワー・ハラスメント、
セクシュアル・ハラスメントなどがこれにあたります。
職場のいじめは、この総称として使われる言葉になります。

Wikiに掲載されているアンケート調査では職場いじめについてこうあります。

――21世紀職業財団が2004年3月に行った
「職場におけるハラスメントに関するアンケート」の調査報告によれば、
パワーハラスメントは34.2%の職場に見られ、
その他の職場のいじめ・嫌がらせも28.0%に見られた。
また、職員室のいじめは児童生徒間のいじめと直接的に連関した問題でもある。

【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】


つまり、3社に1社はなんらかの職場のいじめや嫌がらせがあるのです。
こうなると、いじめに合うことが珍しいことではないわけです。
そこで、このサイトでは職場いじめに合う社員の方が
どんな対応をすればいいのか、解決するためにどうすればいいのか、
そんな情報を提供していきたいと考えています。
ラベル:職場いじめ
posted by career_master at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のいじめとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

職場いじめの内容はコチラ

この職場いじめのデータは、日本産業カウンセラー協会がまとめたものになります。それによると、職場いじめの順位は以下の通りだそうです。

1.セクシュアル・パワーハラスメント
2.人間関係の対立
3.能力が低いといじめる
4.ノルマ未達成でのいじめ


成果主義が進んだ社会なので、人間関係の対立や、
能力が低いといじめられる、ノルマの未達成でのいじめは、
どの職場でも見かけることがありそうな内容です。
特にグループで目標を追う営業隊であれば、能力が低いと
いじめの対象になりかねません。

また、日本産業カウンセラー協会がまとめたデータによると、
仕事ができるためにねたまれるいじめや、
退職に追い込むために仕事を与えないケースもあると紹介しています。
正直、この内容であれば実力があるということなので、
転職を考えた方が良さそうです。


さて、上記の内容を踏まえて、職場いじめが起こる理由は大きく分けて2つです。


「コミュニケーション能力の欠如」「人権感覚の低下」という個人の意識によるもの。
「成果主義の失敗」「過重労働を強いるシステム」など、会社の働かせ方によるもの。



身に覚えがある方にとっては、こうしたことが職場いじめにつながり、
また、職場環境の悪化を招くことになります。
ラベル:職場いじめ
posted by career_master at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のいじめとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。